お金 借りる

MENU

マチ金に対する怖いイメージ

マチ金と聞いたときに、果たしてどのようなイメージを持たれるでしょうか。多くの方は怖い、怪しいと感じることでしょう。響きからして怪しいために仕方がないのですが、マチ金は特に怖いといったこともなく、実際には怪しいといったこともありません。

 

そもそもマチ金とする定義は明確ではなく、一般的には小規模の消費者金融をマチ金と呼ぶことが多いですが、今でも大手の消費者金融に対してマチ金と呼ぶ方がいるのも事実です。

 

例えばアコムやプロミスなどの有名な消費者金融もマチ金、またはサラ金と呼び、どこか悪いイメージを抱えたままの方がいます。これは一昔前のグレーゾーン金利による貸し付けで植えつけられてしまった悪いイメージによるものであり、グレーゾーン金利がなくなった現在では異なるイメージと言えるでしょう。

 

たしかに大手ではない中堅以下の小規模な消費者金融、つまりマチ金などと呼ばれるようなところで借りるのは、様々な面で怖いのは事実です。大手ほどの信頼性がなく、取り立てに関しても多少は厳しいとされているため、返済をしっかりと行っていければ良いのですが何らかの計画のミスがあった際には困ります。

 

しかし、それはマチ金と呼ばれる消費者金融が悪いのではなく、あくまでしっかりと返済ができない自分自身に問題があるとも言えます。

 

マチ金での借金は怖いのではなく、最も怖いのは返済計画もなく借り入れを繰り返してしまう自分自身です。マチ金であっても正規の消費者金融なら金利上限も明確になっているので、お金に困ったなら返済計画をしっかりと立ててマチ金で借りることも考えてみると良いでしょう。